「きなり」はさくらフォレスト株式会社が販売しているDHAサプリ。コレステロールを下げることをサポートします。「健康診断で悪玉コレステロール値が高かった」「メタボと診断された」という人の間で口コミで広がっています。

リピート率は92%と10人中9人はリピート購入しています。それだけ効果を感じている人が多いということですね。

効果を感じなかったら「全額返金保証」もしてくれるということで、気軽にお試しできそうです。

「きなり」の値段は?

きなりは通常価格は5,695円ですが、「特別モニター毎月お届けコース」という定期購入で申し込むことで、初回が1,980円になります。送料は無料です。

2回目以降も3,790円+税で継続することができます。

定期購入といっても、いつでも休止、解約できるので、気軽に申し込むことができますよ。

1袋には120粒入っていて、1日あたり4粒が目安です。

「きなり」の原材料をチェック

DHA・EPA含有精製魚油、クリルオイル、納豆培養エキス、ビタミンE含有植物油(大豆由来)、ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、オレンジ香料、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6

きなりが人気の理由は?どんなメリットがある?

DHA・EPAの配合量が豊富

厚生労働省が推奨するDHA・EPAの合計量は、1日1000mgです。

きなりは1日分で、DHAが452mg、EPAが52mg、合計で504mgと、1日の摂取目安量の半分をクリアできます。

きなりの服用上限は1日8粒とされていますので、毎日8粒飲めば、厚生労働省が推奨する1000mgを超えることになります。

ただし、2000mgを超える過剰摂取を続けると、お腹が緩くなるなどの副作用的な症状も現れるため用量は守ったほうがよさそうです。過ぎたるは~ってやつですね。

成分の吸収率がよい

今までのDHA・EPAは水に溶けない「中性脂肪型」が多かったのですが、中性脂肪型は、水になじまない性質のため体に吸収されにくく、コレステロールを下げる効果を感じないという人も多かったのです。

しかし、きなりのDHA・EPAは主に南極に生息するナンキョクオキアミから抽出される「クリルオイル」が原料で、一般的な魚油と違い、「リン脂質結合型」であるため、スムーズに小腸から吸収され、DHA・EPAの効果を感じやすくなっています。

酸化しにくい

DHA・EPAは酸化しやすい成分なので、DHAサプリには酸化防止剤が配合されています。

一般に酸化防止剤として使われる成分は「ビタミンE」ですが、「きなり」はビタミンEとともに「アスタキサンチン」を配合しています。

アスタキサンチンの抗酸化力はビタミンEの1,000倍です。DHA・EPAを酸化させずに体内に届けることができそうですね。

嫌な生臭さがない

DHAサプリは飲んだ後の生臭さが残るものが多いのですが、きなりは「オレンジ香料」を配合する事により生臭さを消しました。毎日飲むものだから、ストレスなく飲めるというのも大切です。

その他の成分が魅力的

きなりは、「ナットウキナーゼ」を配合しています。

納豆に含まれていて、ネバネバのもととなる酵素です。コレステロール値を下げる効果のあるDHA・EPAに相性の良い成分です。

血液中でコレステロールや中性脂肪が増えることで、血栓を溶かす酵素が働きにくくなり血栓ができやすくなります。

そのため、血管が詰まりやすくなって、脳梗塞や心筋梗塞などの生活習慣病を引き起こすリスクが高まります。

そこで、DHA・EPAを摂取することによりコレステロール、中性脂肪を減少させるとともに、ナットウキナーゼの血栓を溶かしやすくする働きの相乗効果で、血栓を未然に防ぐことができるということです。

コレステロール値を下げたいなら絶対に知っておくべき!「きなり」のもっと詳しい情報は公式サイトでチェック